交通事故の損害全体とその一つとしての休業損害

515250acb708988763e788eef5805c09_s

損害賠償の種類

交通事故に遭ったしまったときに発生する損害としては、財産に関する損害と精神に関する損害の二種類があります。精神に関するものとしては、受傷することによって被った苦痛を金銭的に換算して損害として扱うものとなります。一般的には慰謝料と呼ばれているものです。

財産に関する損害としては、積極損害と消極損害の二つがあり、積極損害は交通事故によって支出を余儀なく強いられた財産を損害として扱うものです。実際にかかった費用の補填をしてもらうこととなります。
どのようなものかと言えば、治療費、診察費、手術費用、入院費用、付き添い看護費、入院雑費、通院交通費などの医療関係の支出、介護費用や義足などの装具費用、損害賠償請求のための手続き費用、そのための弁護士費用、そして葬儀のための費用などです。

これに対して、消極損害というものもあります。費用を直接支出するのではなく、支出はしていないが、本来なら得ることができた収入が事故によって失われてしまったというものを賠償してもらうというものです。
支出はないが,消極的に利益を失ったとして問題にする損害です。収入に限らず、得られたはずの利益も対象となります。

休業損害は、消極損害

そして、この消極損害は、休業損害と将来得られたはずの利益(狭義の遺失利益)の二つになります。
事故に遭って受傷すると、仕事を休まざるを得ないこともあります。そうなると、休まなければ得ることができた収入が得られなくなってしまいます。それらに相当する金額を、「休業損害」として賠償請求することがでるというわけです。

死亡事故の場合で、即死のようなときには発生しませんが、休業があって後の死亡であれば、その期間は対象となります。

そして、もう一つの消極損害は、狭義の逸失利益ということですが、これは事故によって失われた休業損害以外の、将来得られるはずである利益のことを指しています。
後遺障害がある場合と死亡案件の場合が対象となります。後遺障害によって、得ることができるはずであったものを失ってしまうとか、金額が小さくなってしまうとか、死亡によって本来なら得られるものが得られなくなった、ということで、その損害を賠償するというものです。

一概には言えない面もありますが、消極損害の方が金額が多くなりがちで、中でも狭義の消極損害は大きな金額になりがちということは言えます。
このように、交通事故に関係する損害賠償については、広範囲に及んでいますので、万が一の際にはそれぞれをきちんと把握することが大事になります。